MOTOCROSS SPORTS SAISEI

レース・イベント情報

2019全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会

開幕戦から約1カ月、2019全日本モトクロス選手権シリーズの第2戦が5月12日にオフロードヴィレッジ(埼玉県)で開催されました。

予選日、決勝日ともに天候も非常によく特に土曜の予選日は夏のような暑さとなりましたがレースに向けてライダーもマシンもしっかりと準備をして

第2戦に挑むことができました。

 

チーム フライングドルフィン サイセイ所属ライダーのレース結果のご報告とレース直後のライダーのコメントは以下の通りになります。

 

2019全日本モトクロス選手権 第2戦 関東大会

参戦クラス     ライダー           レース結果

IA-1  # 8 岡野 聖   ヒート1 4位  ヒート2  5位  総合  4位

IA-2  #42 浅井 亮太  ヒート1 4位  ヒート2 DNF  総合 11位

 

 

 

 

 

IA-1 岡野 聖(TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING)

ヒート1

スタートは出遅れて1コーナーへ、混戦の中、抜け出す事が出来ず10位で1周目を通過。

2周目には8位、3周目7位、5周目6位と序盤で上位を狙える順位まで巻き返し、11周目5位、14周目4位と中盤から終盤へ表彰台圏内を争う

ポジションでレースが進んでいきましたが残り時間で3位を捉える事ができず4位でレースを終えました。

 

ヒート2

良いスタートを決めて1コーナーへ進入。

1コーナーはアウト側を選択し立ち上がりで5位、その後1周目に接触があり7位へ順位を落とすものの3周目に6位へ浮上。

12周目には5位へ順位を上げ、トップまで団子状態で周回していた16周目に単独で転倒、5位で再スタートするがそのまま5位でレース終了。

 

岡野選手のコメント

土曜の練習走行からトップタイムを出す事が出来ていたし調子が良かっただけに表彰台へ上がる事が出来ず残念ですが、

走りは悪くないので今まで通り練習を継続していきたいと思います。

次戦まで調子を維持し表彰台へ上がれるように努力していきますのでご声援宜しくお願い致します。

 

 

  

 

IA-2 浅井 亮太(bLUcRU TEAM FLYING DOLPHIN SAISEI)

 

ヒート1

スタートして1コーナーを立ち上がったところで6位と好位置でレースはスタートし序盤に5位、4位と順位を上げ、ファステストラップを

記録しながら上位を窺う。

1位から4位までの差が約5秒の接戦の中盤で3位に浮上し、そのまま最終ラップに入るが横山選手(KAWASAKI)にかわされ4位で

チェッカー、あと僅かのところで3位表彰台を逃してしまいました。

 

ヒート2

スタート直後の1コーナーで他車と接触し転倒、複数のマシンが転倒しトップから約1分遅れてレースに復帰するも転倒時にマシンにダメージを

負っておりピットへ戻りマシンを確認した結果、レース続行は不可能と判断し悔しいリタイヤとなりました

 

 

浅井選手のコメント

今大会はいつも課題であるスタートが完璧ではないですが、予選と決勝共に上位の方でスタートすることができ、課題改善に取り組んだ成果が

少し現れたと思いますので、より完璧なスタートができるように継続して練習に取り組んでいこうと思います。

レース内容としてはヒート1で中盤までトップと遜色ないペースで走行できたのですが終盤で離されてしまい悔しい結果になりました。

スタートの課題は徐々に改善されていると思いますが、まだ他にもたくさん課題があるので1つずつ克服して次戦に向けて頑張ります。

 

PHOTO by RYU-PROJECT

トップにもどる ▲

SAISEI.TEAM DOLPHIN

ACCESS

SPONSORS

MOTOCROSS