MOTOCROSS SPORTS SAISEI

レース・イベント情報

2018全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会

IA-2クラス #40 浅井 亮太 ヒート2で今季2度目の3位&初のヒート1・2総合優勝。

 

 

西日本豪雨の影響で8月末に開催予定だった第7戦 中国大会が中止になり、2018年の全日本モトクロス選手権も今大会を含め残り2戦。

各クラスのチャンピオン争いもいよいよ大詰めの中、名阪スポーツランドで開催された近畿大会は

予選から決勝まで雨の影響でマディコンディションのライダー、マシン共に厳しいレースとなりました。

チーム フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA、

チーム フライングドルフィン サイセイ所属ライダーの成績をご報告いたします。

 

2018全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会

参戦クラス       ライダー              レース結果

IA-1    #30 岡野 聖    ヒート1  5位   ヒート2 11位   総合  9位

IA-2    #40 浅井 亮太   ヒート1  5位   ヒート2  3位   総合  1位

IB-OP   #50 住友 篤生   ヒート1  9位   ヒート2 22位   総合 16位

 

 

IA-1 岡野 聖(チーム フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA)

ヒート1

スタート後、1コーナーを6位でクリアし、2コーナー進入で前車がバランスを崩した事により行き場を失い8位へポジションダウン。

2周を8位で走行し3周目に7位、4周目6位、6周目に5位と順位を上げレースは終盤へ、5位走行中の残り4周で順位を落とすが、

残り2周で前車の転倒により再び5位へ浮上、そのままフィニッシュとなった。

 

ヒート2

スタート出遅れるが1コーナーで7位へ回復し1周目を終了。

しかし2周目の混戦状態で接触転倒、再始動したが19位まで順位を落とす。

転倒の影響でフロントブレーキにトラブルを抱えた状態での追い上げとなるも、徐々に順位を上げて行き11位まで回復した所でレース終了。

 

岡野選手のコメント

今大会目標としていた表彰台には届きませんでした。

自分に足りない物を見つめ直し次戦で活躍できるように努力していきます。

次戦はいよいよ最終戦のSUGO GP大会となりますが、自分に出来る事を全力で取り組んでいきますのでご声援宜しくお願いします。

 

 

IA-2 浅井 亮太(チーム フライングドルフィン サイセイ)

ヒート1

スタートし1周目は8位で通過。

コースは走行ラインが限られており前のライダーを抜かすことができず、15分ぐらいまで8位をキープ。

そこからペースを上げて7位、6位と順位を上げていきラスト3周で5位浮上。

そのまま5位でヒート1はフィニッシュ。

 

ヒート2

スタートは1コーナー過ぎたあたりで10位、1周目は9位で通過。

ヒート2ではレースの前半にペースを上げることを意識し、序盤で6位まで順位を上げるもレース10分経過あたりで転倒。

1つ順位を落とすが前のライダーの転倒もありながら順位を上げていき、レース25分経過あたりで高橋選手(カワサキ)をパスし3位浮上。

レース終了まで3位をキープしてフィニッシュ。

この結果 両ヒートを堅実にまとめることができた浅井選手は自身初のヒート1・2の総合優勝となりました。

 

浅井選手のコメント

今大会は雨のためコースのコンディションが悪く難しいレースでした。

予選ではスタートで出遅れてしまい追い上げをしようとするものの走れるラインが決められていて追い上げが出来ませんでした。

ヒート1は予選と同じくなかなか前のライダーを抜くことが出来ず5位に上がった時には

4位のライダーとかなり離れてしまっていて惜しいレースとなりました。

ヒート2はヒート1の前半のペースが悪かったので、最初から攻めて乗ることを意識しました。

一度転倒してしまいましたが3位まで追い上げることができました。

初の総合優勝ができ結果はとても嬉しいですが、体力、ライディング、スタート、全てにおいてまだまだ課題が

たくさんあるのでひとつひとつ課題を克服するため努力していきますので今後ともご声援よろしくお願いします。

 

 

IB-OP 住友 篤生(チーム フライングドルフィン サイセイ)

ヒート1

スタートでやや出遅れるも2コーナー、3コーナーで挽回し1周目5位で通過。

2周目に前者転倒で4位に浮上するもペースが上がらず8周目に5位に下がり、徐々に順位を下げてしまい計4台に抜かれ9位フィニッシュ。

 

ヒート2

スタートは中団あたりを走行するが多重クラッシュに巻き込まれ1周目27位。

そこから追い上げるも転倒やペースダウンにより22位フィニッシュ。

 

住友選手のコメント

予選、ヒート1ともにスタートは良く序盤は前を走れましたが、まだまだレース時間を走りきるスタミナがなく

ペースを上げれず、下げることしかできませんでした。

次戦までまた日がたくさんあるので、乗り込みやトレーニング量を改善し自分の走りに

自信を持ってレース出来るように努力しますので、最終戦もご声援よろしくお願いいたします。

 

2018全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会 終了時 シリーズランキング

参戦クラス      ライダー      獲得ポイント    シリーズランキング

IA-1    #30 岡野 聖      148P         8位

IA-2    #40 浅井 亮太     135P        10位

IB-OP   #50 住友 篤生      46P        22位

PHOTO by RYU-PROJECT

トップにもどる ▲

SAISEI.TEAM DOLPHIN

ACCESS

SPONSORS

MOTOCROSS