MOTOCROSS SPORTS SAISEI

レース・イベント情報

2018全日本モトクロス選手権 第3戦 SUGO大会

2018 全日本モトクロス選手権 第3戦 SUGO大会が(5月13日(日)決勝)開催されました。

 

コースのレイアウトが一部変更されたスポーツランドSUGOで今年は2回開催される、全日本モトクロス選手権の1回目が終了しました。

 

 

チーム フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA、

チーム フライングドルフィン サイセイ所属ライダーの成績をご報告いたします。

 

2018全日本モトクロス選手権 第3戦 SUGO大会

参戦クラス      ライダー              レース結果

IA-1    #30 岡野 聖    ヒート1  8位  ヒート2  8位  総合  9位

IA-2    #40 浅井 亮太   ヒート1 15位  ヒート2 12位  総合 12位

IB-OP   #50 住友 篤生   ヒート1  8位  ヒート2 13位  総合  9位

 

 

 

IA-1 岡野 聖(チーム フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA)

ヒート1

スタート後1コーナーの立ち上がりで5位、混戦の中ライン選択をミスし順位を10位まで落とすものの、3周目に8位へ順位を回復。

6位を狙える位置で走行していましたがコーナーの進入でエンジンストール、再スタートするも追いつく事ができずそのままゴールとなりました。

 

ヒート2

スタートし1周目を10位でクリア。3周目に9位、5周目に8位へ順位を上げましたが6周目以降、前と差を詰める事ができずそのまま8位でフィニッシュ。

 

岡野選手のコメント

課題であったスタートを上位でクリアできた事は練習の成果、次の広島でもこのまま良い感覚でスタートできるよう継続していきたいと思います。

今後の課題はコーナースピードやスピードを落とさず、繋がり良くスムーズに走る必要があると思います。次戦は2週間後の中国大会ですが、しっかりと準備してトップ争いできるように努力していきます。

 

 

 

IA-2 浅井 亮太(チーム フライングドルフィン サイセイ)

ヒート1

1周目に転倒して29位。そこから追い上げをして、20分あたりで16位。しかし、そこから順位は変わらず最終ラップに1つ順位が上がり、15位でフィニッシュ。

 

ヒート2

スタート出遅れてしまい、追い上げのレースでした。1周目24位。そこから順位を上げて行きましたが、あまりペースが良くなく12位までしか追い上げることができませんでした。

 

浅井選手のコメント

調子自体は悪くなく、予選も良かったのですが、レースになると自分のベストの走りが出来ず結果を残すことが出来ませんでした。

レースでベストを尽くせるようにもっと必死に練習します。次戦では良い走りが出来るように頑張るので引き続きご声援よろしくお願いします。

 

 

IB-OP 住友 篤生(チーム フライングドルフィン サイセイ)

ヒート1

スタート1周目10位、前者の追い抜きに手間取り、2周目3周目と1台ずつ抜いていくも、4周目に抜き返され9位を走行、最終ラップに前者が転倒したので8位フィニッシュ。

 

ヒート2

スタートして3コーナーあたりで6位でしたが、転倒はしなかったもののミスで1周目9位。2周目に1台抜かれてしまい9周目まで10位を走行するも10、11周目に順位を下げ13位フィニッシュ。

 

住友選手のコメント

両ヒートともスタートや内容が悪く、荒れたコースへの対応力や技術、そして体力が全く伴ってなく情けない走りをしてしまいました。

もっと体力があれば入賞圏内に入れるとわかりました。次戦まで日は少ないですが、やるべき事は明確にわかったので全力で頑張ります。

 

 

PHOTO by RYU-PROJECT

 

トップにもどる ▲

SAISEI.TEAM DOLPHIN

ACCESS

SPONSORS

MOTOCROSS